性病は側にいます

クラミジアは最も感染者の多い性病です。感染力が強く、しかも自覚症状が少ないのでとても厄介な性病といえます。

クラミジアの症状と治療薬

クラミジアの症状と治療薬

感染力の強いクラミジア

クラミジアは、性病の中でも特に有名です。クラミジア・トリコモナスという菌に感染することにより発症するこの症状は、男女ともに気を付ける必要のある感染症です。特に若い女性に広がる性病として知られています。非常に感染力の強いこの菌は、感染速度も速いと言われています。その為、感染が分かり次第すぐに治療薬を飲むのが早くに治すことができる感染症とも言われています。

しかしながら、困ることが感染したことが分かりづらいという点です。感染後、数日は潜伏しているのですが、その後、感染拡大を開始した際に、男性であれば少し排尿時に痛みが出たりするぐらいであり、女性の場合は、それに加えておりものの量が増えたり、臭いが少し強くなるぐらいなのです。最悪、症状が出ないまま感染が広がる可能性もあります。

症状の進行により起こること

感染が進めば、男性の場合は尿道炎が進み、おしっこをする際に白く濁った膿を含んだものを排泄する場合もあります。更に副睾丸にまで広がれば、睾丸炎が起き、内部で膿がたまって破裂するといった最悪の場合もあります。女性の場合は、尿道炎に加えて、更に子宮内に進むことで子宮内膜炎が発症し、下腹部痛が強くなります。更に子宮頚管にも炎症が進むことで、不妊になる恐れもあるのです。

また、内臓が繋がっていることから、そのまま感染が上昇し肝臓等の臓器に炎症が起こる等、より深刻な症状が発生しやすくなってしまいます。その為、ちょっとした変化に敏感になることが大事です。感染したなと思ったら、今では病院だけでなくインターネットの通販サイトでクラミジアの他性病検査キットを購入し、自身で調べることも出来ます。更に医薬品も通販で購入できることから、治療薬まで手に入れて、自身で治すことも可能です。

クラミジアの治療薬

クラミジアの治療薬

治療薬としては、クラビットという抗菌薬やジスロマックという抗生物質が代表的です。どちらも有効な治療薬ですが、それぞれ特徴があり、ジスロマックは妊婦でも服用可能な薬ですが、クラビットは妊婦には禁忌とされています。クラミジアは妊婦だろうが関係なくかかる症状でもあり、妊婦がかかれば胎児にも感染してしまう可能性が高い症状でもあります。その為、自身の体調等を鑑みた上で使う薬品を分けて使う必要があるでしょう。