性病は側にいます

性病を防ぐにはきちんと意識をし、臨まなければなりません。気を付ければ防ぐことは容易なのです。

性病の予防方法

性病の予防方法

性病の感染を防ぐための良い方法は性行為をしないのが一番です。でも、生物である以上はそうも行きません。本来性行為は快楽が目的ではなく、子孫繁栄の為のメソッドという重要なファクターがあるからです。その為にも、なるべく避けたいのが性病でしょう。では、どうすれば性病との関係を避けることができるのか。考えてみましょう。

避妊具を利用する

避妊具を利用する

性病は粘膜等の弱い部分に体液が付くことから感染します。そうしたことを考えれば、なるべくコンドームなどの避妊具を使うことで、性病にかかる確率を下げることは理解できると思います。あの脅威であるHIVですら、コンドームを装着した上での性行為で感染を防げるのですから、大いに期待できるツールでもあります。

性器に感染がないか目視する

性病によっては患部に水ぶくれや発疹、イボなどができ、見た目に分かりやすく異常が発見できる場合があります。その為、性交前に注意して性器を確認するなどした方が良いかもしれません。但し、ヘルペスは性器に限らずできている場合もあることから、唇等に出来ている場合でも本当は避けた方が感染が防げる病気でもあります。

体調不良時に性行為を行わない

体調不良時に性行為を行わない

風邪等で熱があるなどは以ての外ですが、少し調子が悪い等の場合でも、パートナーに求められて性行為を行うことは多々あるでしょう。しかしながら、免疫力が低下するとそれだけで発病若しくは感染しやすい性病は沢山あります。ですので、できれば体調が悪い時はゆったりと休ませてもらうのが得策です。

清潔な場所で行う

性行為を行う際に、いかにも薄汚れている等不衛生な場所での行為は、性病だけでなく別の病気も感染しかねません。また、細菌は基本的には肉眼ではわからないので見た目がキレイであったとしても油断はできません。それも踏まえて、清潔な場所で性行することも予防の方法の一つと言えます。また、自分自身の体も、性交前にキレイに洗い清潔にした状態で行った方が、感染率を下げる事にも繋がります。

気を付ければまだまだ予め感染を防ぐことは十分にできると言えるでしょう。何より一番大切なのはお互いが理解し合い、相手を思いやることです。