性病は側にいます

白癬菌はカンジダと同じカビですが、症状は少し違います。皮膚表面に付着し角質層に入り込むことで水虫やたむしを起こします。

白癬菌の症状と治療薬

白癬菌の症状と治療薬

白癬菌もカンジダと同じカビです

白癬菌(はくせんきん)は、先のカンジダと同様、真菌の一種なので、カビに当たる生物になります。この菌は、ケラチンと呼ばれるたんぱく質を食べ、死んでいる若しくは老化している細胞に生息して生きています。例えば人間の角質と呼ばれる皮膚が恰好の生息場所となります。

そして、そこに住み着き、皮膚の表面から角質層にまで入り込んだら最後、菌糸を伸ばして頑固に生息し続けます。生息していくことで、刺激物を出すので痒みを帯び、たんぱく質を食べていくので、その場所が長くお風呂に浸かってふやけた皮膚のように白くなっていきます。これを白癬症と呼びます。白癬症は、感染した部分によって症状の呼び名が変わっています。

白癬菌により起こる症状

白癬菌により起こる症状

例えば、足の指に感染すると水虫になります。また、男性等に多いインキンと呼ばれる症状もこの白癬菌が股間に感染したことから発症したものになります。厳密に言うと性病とは言えないかもしれませんが、それでも不潔な印象を与えてしまいます。

それ以外にも、爪や手、頭皮に感染することで、それぞれの部位名+白癬という形で名称が付いています。こうした、足指、手、股、頭皮以外の場所に感染する場合は、タムシと呼ばれる白癬症になります。

この菌はカビという事もあり、湿気の多い閉塞した不潔な場所に生息しやすい菌でもあります。その為、水虫を持った人がいるかもしれないスポーツクラブ等のお風呂場やプール等にある足ふきマットなどは恰好の生息場所になります。その為、そういったところから持ち帰って、裸足で家の床等を歩けば、そこから家族にも感染しかねません。とはいえ、クロトリマゾールという治療薬を使えば、時間は多少かかるものの、完治するまで症状を改善させることが可能です。

治療薬を使い効率よく治して行きましょう

治療薬を使い効率よく治して行きましょう

この薬は、イミダゾール系と呼ばれる抗真菌薬に分類されており、水に強い性質があります。その為、軟膏で処方されることが多いのですが、その他トローチでも販売されています。軟膏の場合は、1日2回患部に湿布し、インキンの場合は1~2か月、水虫の場合は4週間まで使用することが可能です。また、先にも説明したカンジダにも効果があるので、カンジダの場合は1~2週間まで使用できると言われています。

使用期限があるということは、それまでに殆どは完治できるという事になりますが、それ以上の期間を有しても改善しない場合は、病院で治療を受けた方がよいという事になります。いずれにせよ、カビなどはなるべく清潔な環境を保つことで感染を広めないことが可能なので、できるだけ注意した方が良いでしょう。