性病は側にいます

膣カンジダは女性がなりやすい症状です。原因はカビによるものになるので清潔にすること、通気性を良くする事を意識しましょう。

膣カンジダの症状と治療薬

膣カンジダの症状と治療薬

膣カンジダは女性ならば誰もがなりやすい病気

膣カンジダは、女性であれば酷い症状から軽い症状まであることから、一度は経験したことのある症状だと思います。別のページでも記載しましたが、この原因はカンジダ菌という常在菌が原因になります。この菌はカビに当たる真菌なので、湿気のある温かい場所を好む傾向があります。似たようなものには白癬菌があります。

また善玉菌と悪玉菌があり、膣内の健康を保つために働いたりもしている為、全くなくなってしまうのは逆に清潔な環境を保てなくなる可能性もあるという菌です。とはいえ、悪玉菌が優勢になれば、陰部の痒みやおりものがカッテージチーズのようになったり、臭いがきつくなったりと不快なことしか起こりません。また、発疹があったり、排尿痛が起きたり、性交時に痛みを感じる場合も出てきます。こうした状況が起こってしまうのは、自分自身の免疫力が落ちるのが主な原因と言われています。

それ以外にも、生理前や妊娠などのホルモンバランスが崩れた時や、締め付けの強い、要は蒸れやすい服装になったりするなども挙げられます。このことからも分かるように、治ってもまた症状が再発することも多く、通年悩まされている人も中にはいます。セックスの際、相手に感染させてしまう性病にもなりえます。発症している場合は控えて下さい。

カンジダに対抗するには常備薬を保つ必要あり

カンジダに対抗するには常備薬を保つ必要あり

その為、抗真菌薬を常備薬として保持している方もおり、症状が出かけた際にその薬を服用したり、患部の塗ることで対応している人も沢山いるようです。症状が酷ければ、婦人科に通院するなどして、医師と相談して治療に当たる方もいらっしゃいます。

こうした状態にならない為には、まずは免疫力が低下しないように心身を健康に保つことが大事です。特に女性はストレスなどが心身に影響しやすいこともある為、ストレスを溜めないようにしたり、定期的に運動をするなどして抵抗力を鍛えることが大事です。また、通気性の良い下着や洋服を着るなどして、なるべく熱や湿気がこもらないようにすることも大事でしょう。お風呂上りなどは、なるべくデリケート部分を乾かしたり、生理の際はナプキンをこまめに返ることも菌を増やさない対策になります。